パチンコとは何か、なぜオンラインカジノはパチンコを導入するべきか?

パチンコの話をすると、2つの反応が返ってくるだろう。日本企業でパチンコのことを何でも知っているか、あるいは日本企業ではなくパチンコのことを知らないかのどちらかだ。日本でのパチンコの知名度の高さを考えると、ほとんどの人が実際のゲームについて知らないことに驚かされる。

初期の店舗がオープンした頃からパチンコは成長を続けてきた。そして、「日出ずる国」で最大のゲームにまで成長するという、偉業を成し遂げたのだ。それでもなお、オンラインにもパチンコが存在しているが、なぜなのだろうか?その実態を知るには、この記事をご一読いただきたい。

どのようにして合法性を維持しているのか?

日本政府がカジノを禁止していることはよく知られているものの、実際にはその対象となっていないギャンブルも存在する。パチンコはなんとか合法性を維持し、大きな人気を博しているのだ。なぜ合法なのだろうか?

それは、日本ではパチンコがギャンブルとして捉えられていないからだ。紙幣の代わりに別のものを景品として獲得する仕組みで、それがすべてを可能にするための抜け道となっている。現金ではなく賞品と交換するため、パチンコは合法のままなのだ。タバコから家の中で使える家財道具まで、ありとあらゆるものが獲得できる。

ただの「ギャンブル」よりも「楽しい時間」を

ラスベガスとアトランティックシティは高く評価されているが、おそらくそれには理由がある。別人に生まれ変わりたいという希望を持ってこれらの街を訪れる人が非常に多いのだ。彼らはカジノに大きな期待をかけ、一発の強いハンドが人生を変えると考えている。だが、パチンコはそうではない。

日本人がパチンコ好きなのは周知の事実だ。しかし、大当たりの可能性が理由で、そこまで楽しんでいるのだろうか?そうでない人がほとんどだ。そもそもパチンコは子供のためのゲームとして始まったもので、大した価値のある景品はほとんどない。むしろ、仕事を終えて一日の疲れを癒すためにパチンコ店に行く人が多いのだ。店内のインテリア、音楽、ゲームを楽しみに行く。常にお金だけが重要なわけではないのだ。

まさに私たちが必要としているもの

欧米のオンラインカジノでは、すでに様々なゲームが用意されている。ルーレットで運試しをしたり、ポーカーの腕前を試したり、スロットマシンを回したり、しばらくはそれだけで十分だろう。しかし、何か新しいものを試してみたいと思わないだろうか?パチンコがそれにうってつけかもしれない。

スロットマシンとは違うが、誰もがすぐにルールを覚えることができるほど親しみやすい。パチンコは運がすべてではなく、ただクリックして結果を待つだけのゲームではない。実際にプレイする必要があり、そこが面白いところだ。戦略を練り、練習し、時間をかけて上手になることができる。時には、大当たりもある。一度に1800ドルまで稼ぐことができるゲームもある。

パチンコがギャンブルサイトで一般的なゲームになれば、ボーナスや新機能、テーマなどが利用できるようになるだろう。欧米のギャンブラーにとって新鮮なゲームになることは間違いない。